上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この政治的ごたごた。
内閣不信任案提出!

誰も、政権を度外視した復興支援を考えてない!

むしろ、復興を絶好のチャンスとして
政権を得ようとしている。

野党は、自民、公明を中心に、
政権奪回しか考えてないことがわかった。

与党は、政権を奪われないことしか考えてない。

もっと、強力なリーダーシップは取れないのだろうか?

菅総理の発言態度から見られるのは、およそ情熱というものではない。

「情熱」よりもむしろ、良く言えば「冷静」「柔軟」だが、
悪く言えば、「冷ややか」「他人事」「おどおど」など、

「今、日本は政権争いをしている場合じゃない!」
「我が日本は、与野党が一致して、復興日本を成し遂げるぞ!」
「それに反対するいかなる政党も、日本国民に説明してみろ!」

などと、涙目になって、声も枯らさんばかりに、情熱的に、
国民に訴えれば、みんなついて行くと思うんだけど・・・

残念ながら、管総理にそのような情熱が見られない。

その点、小泉前総理は、そのような発言が上手だったなー。
(別に自民党支持ではないが)

ああ、日本を憂える、打算的でない政治家はいないものか。

もっと、情熱的な、リーダーが欲しい。

あっ、それで総理下ろしか?

そうじゃなくて、しょうがない総理でも、
それを政治家皆が一致して、補いながら支える心持が欲しい。

野党は、この国難に際して与党に協力しても、
その手柄を与党に持って行かれるのを恐れて、協力しない。
それで、政権奪取ばかりを狙う。

そんな政治家ばかりなのか? 日本は。



にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keroyon8787.blog99.fc2.com/tb.php/38-9d681679
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。