上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我々は、原発とその対策に対して、
こうも頼りないものに、
今まで頼っていたということが明らかになりつつある。

世界が、原発の信頼性に疑いを持ち始めた。

火力発電は、主に石油を燃やすので、
その燃料費が変動し、電気料が不安定に上下する。

だから、安定的な原子力発電になったと思う。

しかし、こんな事態に陥ったら、
本当のところ、どれが得だったのだろう。

下手すると、原発周辺は、もう誰も住めなくなる。

こんなリスクを、想定していただろうか?

関わる人は、きっとこう言う。
「想定外のことが起った!」と

想定外の事態に対処できないような不安定で
物凄く危険なもの。

それが、原発。

電気料が高くても、火力発電や水力発電をする意味がある。
これは、むしろ将来の安全に対する保険とみるべきだろう。

今後のエネルギー対策は、根本から考えなおされなければならない



にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keroyon8787.blog99.fc2.com/tb.php/36-c934f0ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。