上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死刑を軽々しく判決を下すべきではない。
確かにそうかもしれない。

しかし、
本当の問題は、軽々しく殺人を犯したことだろう。

だから、死刑こそ、ふさわしい判決だと考える。

人の命を軽々しく奪えば、自分の命も軽々しく奪われて当然だと思わなければならない。
それが、正当というものだ。


よく、弁護人が情状酌量の判断として、
「計画性が無かった」という言葉を使う。

私は、「計画性がある殺人」と、「計画性の無い殺人」の
どこに罪の違いがあるのか、あまりわからない。

この事件の場合、特に、計画性という観点から見れば、
長期の計画性が無かっただけで、短期的な計画性はあったと思う。

計画性が、罪の重さと関係する理由は・・?

軽々しく、人の命を奪ったのなら、
己の命をもって償いなさい。

武士の潔さを見習って欲しいものだ。




下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keroyon8787.blog99.fc2.com/tb.php/24-424e3f99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。