上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、爆笑問題の「太田総理」のテレビ番組で、
えなりかずきさんが、「老人医療を無料にします」との
公約で議論をしていた。

その時に、ある若手の議員が反対意見として
次のようなことを述べていた。
「高齢者の医療は、現実問題、我々若い世代がもっている
だから、老人にも負担してもらわないと困る。」
との意見だった。

財源の流れとしての事実はそうかもしれない。
また、多くの人がその意見を元に
老人医療の見直しに賛成の意見を持っていると思う。
しかし、これには抜け落ちている概念が存在する。

まず、一つは、(番組中にも誰かが意見を述べていたが)
保険は、リスクの高い集団のみを分けると破綻するという事実。
保険は、健康と不健康、老人と若い世代が助け合う制度であるべきだ。

そして、もっとも抜け落ちている概念がある。
これがあるために、若い世代のおごりとなっている。

今の時点では、
若い世代がお年寄りの医療財源を提供しているかもしれない、

しかし、その若い世代を育ててきたのは、
他ならぬそのお年より達である。
彼らが、子供の医療費を負担していたはずだ。
子供達は、安心して大人になれた。
子供達は、何も負担してなかった。

いかし、いざ自分が働ける状態になると、
そのお年よりの医療費を負担したくないと
言い始めている。

まさしく、親が10人の子を育てたにもかかわらず、
10人の子は、だれも親を見れないといっている
今の介護問題と同じである。

老人になって、体力も落ちて、収入も落ち、
働く場所さえ失われる老人に対し、
お金を巻き上げるシステムは、
国民の夢を確実に失わせているという他ない。

一生懸命がんばれば、老人になれば、
若い世代や、国が手厚く面倒を見てくれる。
そんな夢があってもいいんじゃないだろうか。

夢があれば、若い頃から頑張れるじゃないか。

どうして、国は、将来に「不安」ばかりを押し付けようとするのか?

税金の無駄をなくし、夢の持てる日本国でいて欲しい。
まず、消費ありきの国家予算を見直して欲しい。
防衛費を削って欲しい。
莫大な防衛費を持っていながら、さらに「おもいやり予算」で
米軍まで雇っている。

夢のない国の、国民は減るばかり。

老人問題、少子化問題、食の安全問題・・・
夢がもてないのは、きっと政治家が夢を持ってないから!





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keroyon8787.blog99.fc2.com/tb.php/15-b8f0df6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。