上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、産業として、野生の「牛」を狩り、
その「肉」を提供する事業があるだろうか?
「野生豚」はどうだろう? 「鳥」は?

そう、「肉」に関しては、ほとんどが、
「家畜」としてそれを提供している。

しかるに、どうして「魚」だけは、
まだ、野生のままに頼っているのだろう?

いかに、海が陸より大きいからといっても、
一旦、人間が産業として成り立たせると、
その消費量は、計り知れない。

いいかげんに、消費者も政府も漁師も
考え方を変えなければならない。

そのヒントが、大分県姫島に100年前からある
 「漁師の憲法」 の中にあると思う。

1)自然の物を食するなら、資源が枯渇しないように
堅固な協定に従ってそれを守る。

2)自然の資源を増やすように、あらゆる努力をする。

3)できるだけ、自然から分離し、育てる漁業に転換する。


我々は、自然を搾取してはならない。
自然の利子の中で生活しなければならない。
そして、自然を守り、育てなければならない。




下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
スポンサーサイト
「日本はいったい何処へ行こうとしているのだろう?」
いや、違う、こう聞くべきかもしれない。
「政府は日本を何処へ導こうというのか?」
とても、安心、安全、夢のある国への導き手ではないと思われる。
後期高齢者問題しかり、年金問題しかりである。

特に、今回、派遣労働者の問題を考えてみたいと思う。

政府は、日本企業が弱体化していることを危惧し、
労働者派遣法を作り上げた。
その結果、日本企業は、力を持ち直し、業績を上げてきた。

企業は、安く労働を使いたいし、
経営陣の利益は最大限に上げていきたい。

その結果、今や1/3の労働者が、正社員ではないとのこと。

やがて、不安定な社会人が増え、
社会全体の消費がじわりと落ち込んでくる。

企業は、真綿で自分の首を絞める状況になってきた。

企業も、政府も、本来の理念を忘れてしまっている。

日本国民とは、一部の特権階級のものではない。
国民一人一人が、豊かな生活、
安定した人生設計のできる国、
生きがいのある生活を求めている。

政府は、これらを「自己責任」だといわんばかりである。
しかし、これを自己責任にしないために「政府」という
組織があるのではないだろうか?

企業だってそうである。
近江の商人の家訓には、三方良しの理念がある。
すなわち、「買い手良し、世間良し、売り手良し」である。

日本企業は、偽装問題で、買い手を裏切り、
売り手であるところの、企業内の職員さえ、
派遣社員として、契約打ち切り等で、簡単に裏切り、
企業として社会を良くするという理念さえ見えないから、
世間も裏切っている。

企業にとっての、売り手とは、一部の経営陣だけ、
それでいいのだろうか?

企業に任せてはいけない。
それが、できるのは、政府でしかない。
決して、個人の自己責任にしてはいけない。

そういう部分もあることは確かである、
しかし、それだけではないことの方が大きい。

社会のシステムそのもので、夢の持てる国にする
その理念を政治家は持つべきだと思う。

美しい国は、そこに住む人々が、
夢を持てる国でなければならない。



志位委員長の言葉を聴いて欲しい。
「こんな働き方をさせて、日本の将来はあるのか?」





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。