上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなことが、ニュースとかで言われている。

<保護主義に懸念…世界経済に暗い影>
「WTO加盟国の間では、ラウンドそのものが崩壊し
保護主義的な動きが強まることを懸念する声も漏れ始めており、
世界の自由貿易体制は大きな危機にさらされることになった。」
(H20.7/30 毎日新聞)

なんか、世界丸ごと経済主義!って感じですね。
経済が潤えば、すべて善しというのは、真理だろうか?
保護主義って悪い事なのだろうか?

経済を優先することは、本当に人間の為になるのだろうか?
今現在、生活している人間の為にはなるのかもしれない。

しかし、地球に住む人間は、今生きている人だけではない。
未来に来る人類、あるいは今の子供達の将来、
地球環境は、人間が社会生活できる状態に保てるのだろうか?


例えば、日本に限定して考えてみると、
貿易の自由化で、日本の一次産業が受ける
痛みは大きい。
「自由経済だから、しかたない」で済ませていいものだろうか?
保護政策は、経済優先主義からは、いけないものに見えるのだろう。

もし、農業とかが保護されなければ、
当然、日本の自給自足率は下がり、
日本人は、他所の国によって食べさせられている事態になる。

この先、地球環境の異変により、他国が打撃を受けたり、
食料危機が訪れたときに、他所の国がわざわざ日本を
食べさせるために食料を輸出してくれるだろうか?

「金さえ出せば何とかなる」というのは、
平和な時の妄想に過ぎない。

未来を想像してみても、恐ろしくなる。
一次産業だけでも守らなければいけないと思う。
二次産業も三次産業も、一次産業によって
衣食が保たれて初めて、発展もありうる。

農家を守ることは、単に食の安全を守ることだけじゃない。
将来の危険な事態を、回避するためにも
一次産業を守ることは、是非必要だと思う。

「経済さえ潤えば、なんでも買える」と思っていたら、
この地球からとんだしっぺ返しを食らうと思う。

日本の農業を守っていきましょう!





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
スポンサーサイト
大分には、いい反面教師がいっぱいいましたね。

どんなに、偉くなろうと、犯罪を犯せば、
一瞬にして、社会的制裁が加えられることを
身をもって教えてくれました。

不正で得た利益の、何倍もの社会的不利益が
ふりかかることを、考えたことはなかったのだろうか?

逮捕された校長とかは、
地域でどんな目で見られるのだろう?
どんな思いで今後生きていくのだろう?
自分の子供の人生も踏みにじり、
培ってきた信用も信頼も無くし、
教え子達にも顔向けできない。

考えただけでも、
もう、恥ずかしくて
その地域に住めないんじゃないかと、
他人ながら、心配したりする。

教育界も、財界も政界も、
自分に対する誇りというものが
全く、感じられない。

むしろ、見栄や、形ばかりのプライドが見え隠れする。

本当に、地道に努力している人々が
報われる社会になってほしい。

ただ、そういう人は、
誇りが傷つかないというだけでも
報われているといえば、報われてもいる・・・

自分に誇りがあるということほど、
価値のあるものはないと思う。 

あらゆる業界人が、その誇りを持って欲しい。
その誇りが、人々を幸せにし、
何より、自分自身が幸せになる近道でもある。





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
漁師さんたちの死活問題でもあるガソリンの高騰は
じわじわと社会問題を深刻化させてきている。

実際に、自分の身に起って初めて深刻さが分かるというのは、
人間の常なのかもしれない。

我々は、あまりにも簡単に、安価に“魚”を食してきた。
魚は、簡単に手に入ってはいけないものかもしれない。

自然の中では、目に見えて、
漁獲量が減っているし、近海の魚さえ激減している。

単純に魚の値段が高騰すればいいというものでもない。
もし、魚が高騰すれば、漁師は少し助かるけど、
一般家庭の家計は、ますます苦しくなるし、
魚離れがあるかもしれない。
また、魚が乱獲され、ますます高騰するという危険もある。

逆に、
魚の値段が安いままだと、漁師達の生活は、ままならない。
それで、漁師が減り、魚の資源は確保されるという皮肉な結果。

でも、考えてみれば、”魚”そのものが、まるで”石油”のようである。
限りある資源を、安価に使いすぎたという面で。

これからは、生活のことが第一ではなく、
地球環境のことを第一にすべきかもしれない。

何故なら、
それこそが、未来の私達の生活と、
未来の子供達の環境を守ることになるからだ。

「急がば回れ」である。

痛み分けをしよう。
魚は多少値段を上げましょう。
ガソリンも多少値段を上げましょう。
漁師は、育てる漁業に転換しましょう。


自然のものを採る時代は、過ぎたのです。
自然を自然のままに、
そして、自然の一部を利用させていただき、
我々の資源といたしましょう。





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。