上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、以前は死刑廃止に賛成していた。

しかし、山口母子殺人事件の被害者である夫の発言は
どんな弁護士よりも、強烈で、心の底まで響いた。

「被害者も裁判によって癒されなければならない!」

今まで一体、誰の為の裁判だったのだろう?
被害者は、有無も言わさず殺されていながら、
加害者の人権を守る裁判が行われ、
すでに亡くなった被害者の気持ちはないがしろにされていた。
被害者家族の悲痛な叫び声が、法廷には届かなかった。
そして今までは、世間にも届かなかった。

だから今は、「死刑判決はあるべきだ」と思うようになった。

人は、自分の行った行為に責任を取るべきである。

私は、こう考える。
殺人は、基本的に「死刑」であるべきだと。

その死刑という刑を一旦確定し、
その後でどれだけの「情状酌量」が考慮されるべきかを
議論すべきではないのか?

被害者は、誰にも議論されないまま、弁護もされず、
加害者によって「死刑」にされてしまったことを
忘れてはいけない。

それに、日本の刑法は、刑が甘いように思う。
「無期懲役」と「死刑」との刑の重さに隔たりが大き過ぎる。

死刑は、もちろん簡単に行うべきではないと思う。

しかし、殺人は、自分が同じように殺されても(死刑)
しかたない罪なんだと、分からせるためにも
「死刑」という刑は無くしてはいけない。

「死刑廃止を推進する議員連盟」は
「死刑判決は全会一致とし、そうならない場合は、
終身刑とする」という裁判員法改正案を準備している。

終身刑という刑を新たに作るという点で賛成はできる。

しかし、全会一致の原則はどうだろうか?
初めに「殺人」は「死刑」にあたる罪であることを認識すべきではないか。
その後で、罪を悔いる時間を与えるのかどうかを
議論して欲しいと思う。

人の命は、地球より重たいともいう。
それが、死刑廃止へと向かうのではなく、
被害者救済へと向かうべきではないか。

犯罪者を救う法律ではなく、
まず、被害者を救う法律であって欲しい。


あなたは、どう思われるだろうか?






下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。