上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、その動向が問われているのは、

与党ではなくて、野党である。

この国難に際し、政権抗争を狙って動くのか?

与野党が協力して、災害支援を最大限に推し進めるのか?

もはや、トップである総理が、誰なのかを問題にすべきではなく、

協力すべき政策には、一致して推し進め、

さらなる良案があるなら、国会にも、国民にも提示して

アピールすればいい。

とにかく、政権抗争ばかりの今の野党は、

私は、基本的に信じない!

本当の政治家じゃなくて、政治屋ばかり。

どうせ、彼らは、

「一般人に、政治の何が分かる?」と言いながら、

国民を馬鹿にすることしかできないのだから。

被災地の方々が、一般国民であることを忘れないで欲しい。



にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
スポンサーサイト
この政治的ごたごた。
内閣不信任案提出!

誰も、政権を度外視した復興支援を考えてない!

むしろ、復興を絶好のチャンスとして
政権を得ようとしている。

野党は、自民、公明を中心に、
政権奪回しか考えてないことがわかった。

与党は、政権を奪われないことしか考えてない。

もっと、強力なリーダーシップは取れないのだろうか?

菅総理の発言態度から見られるのは、およそ情熱というものではない。

「情熱」よりもむしろ、良く言えば「冷静」「柔軟」だが、
悪く言えば、「冷ややか」「他人事」「おどおど」など、

「今、日本は政権争いをしている場合じゃない!」
「我が日本は、与野党が一致して、復興日本を成し遂げるぞ!」
「それに反対するいかなる政党も、日本国民に説明してみろ!」

などと、涙目になって、声も枯らさんばかりに、情熱的に、
国民に訴えれば、みんなついて行くと思うんだけど・・・

残念ながら、管総理にそのような情熱が見られない。

その点、小泉前総理は、そのような発言が上手だったなー。
(別に自民党支持ではないが)

ああ、日本を憂える、打算的でない政治家はいないものか。

もっと、情熱的な、リーダーが欲しい。

あっ、それで総理下ろしか?

そうじゃなくて、しょうがない総理でも、
それを政治家皆が一致して、補いながら支える心持が欲しい。

野党は、この国難に際して与党に協力しても、
その手柄を与党に持って行かれるのを恐れて、協力しない。
それで、政権奪取ばかりを狙う。

そんな政治家ばかりなのか? 日本は。



にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
政府・民主党は、来年をめどに「復興庁(仮称)」を設置するという。
与野党の共同で国会に提出する予定らしいが、

先の統一地方選の民主党の敗北を受けて、
自民・公明の両党は、政権奪回を目指して、
共同提案に応じる可能性が低いという。

政治家のこのような、駆け引きを目の当たりにして、
あまににも、情けなくて、落胆してしまう。

今政権を争う時だろうか?
東北の復興は、与野党とも共通の信念ではないのか?

いつも自分の政党がトップに立つことだけを考えて
政権を運営していると、国民から見放されるぞ!

こんな国難だからこそ、与野党の枠を超えて、
一致した政治手腕を発揮して欲しいし、
そのような動きをした政党を、国民は評価すると思う。

しかるに、今の自民・公明はそうじゃない。
与党も頼りないが、野党はなおさらである。

ああー坂本竜馬のような、日本を洗濯する人は現れないものか。


関連ニュース記事; http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000007-mai-pol


にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
時間が問題なのではない。
沖縄の地に新たに基地を作ることが問題なのだ。

確かに、普天間は危険な状態が続いている。
いつまでもその状態でいることは、
耐えがたいものがある。

だからと言って、
この沖縄の地に新たに基地を作るというのは、
どうにも我慢ができない。

我々の故郷は、今いる我々のものだけじゃない。
子子孫孫に至るまで、住みよい環境を受け継いでいかなければならない。
それが、今生きている者の務め。

目先の利益にとらわれて、
タイムリミットに載せられて、
安易な道を選択してはならない。

60年以上も我慢してきたのに、
もう少し延びるのを我慢できずに、
安易な結論を出すことがないようにしよう。

じっくり、早く、たっぷり、迅速に、
ちゃんと世代に残す財産とは何なのか、
「基地」が大事か、「自然」が大事か、
しっかり見極めて行こう。

これ以上、貴重な自然を、
先祖から受け継いだこの地を、
絶対、破壊させてはならない。



関連過去記事;  第6話「マクロ視点のテロリズム」 



下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
最近ショックな統計を知りました。

日本での一番の死亡原因は何だか分かりますか?
よく言われる三大疾病(癌、心臓病、脳血管疾患)がありますが、
そのうち、癌が約30万人で1位、あとの2位、3位がその半分くらいの人数です。

ところが、その統計に表れない数字があるのです。
実は、その死亡原因のトップとほぼ同じ数字の30万人前後が、
人工中絶による未出生なのです。

少子化を嘆く前に、人工中絶を防いだらいいと思いませんか?
西洋では養子制度が発達していて、自分の子供がいるのに、
養子も育てたりしますよね。
とても偉いと思います。日本も見習うべきですよね。

妊娠したら、ちゃんと生ませて、養子縁組する制度を充実させたら、
きっと、人口減少の歯止めにもなると思いませんか?

生まれ来る命に、もっと目を向けて、
声にならない、生まれるはずだった赤ちゃん達の声を聞く社会であって欲しいものです。

彼らにも、生きる権利があると思うのです。
多くの若者を育てる社会を作っていきましょう、みなさん!

中絶反対! 養子縁組制度をもっと充実させましょう!





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。