上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖閣諸島のビデオ公開はしないとの政府見解らしい。

中国を刺激しないようにとの判断だとは思う。

しかし、これでいいのだろうか?

中国国民は、日本の思いやり判断を、

きっと理解はしない。

むしろ、逆に考えるに違いない。

「本当は、中国船が正しいから公開しないのだ」と。

確かに国際社会は不安定かもしれないが、

でもそうだからと言って、

政府が、真実を操作していいのだろうか?

真実は、真実のまま報道し、操作すべきではない!

その結果、痛みを伴うなら、国民みんなで

それを負うべきじゃないのか。

非公開の判断は、国会議員のおごりでしかないと思う。

国民を信頼していない議員を持つ国、日本。

いつか、公開しないことを後悔することになる。




下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
スポンサーサイト
何故、各県から候補地を選出しないのだろう?
時間があるなしの問題じゃない。
これからの日本がどうあるべきかの問題だ。

出来る出来ないは、度外視して、
とりあえず、47都道府県から、
米軍基地の候補地を上げてもらいましょう。

そして、各都道府県で、新基地建設反対運動があれば、
そうして初めて、本当に安保が必要かどうか、
今一度、考えるきっかけになるのではないだろうか?

それなのに、どうして、
これまで70%以上も沖縄にあるのに、
さらに沖縄に作ろうと言えるのだろう?

大阪府の橋本下知事は、
よく沖縄の基地問題について、
「本土側で受け入れるべきだ」と述べている。

本当に魂からの声を持っている人だと思う。





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ



ブログ紹介; 「夫婦の法則・男と女の法則」
(「夫婦」、「恋愛」、「人生」、「倖せ」について、一つの視点を提供します)
  
こんなことが、ニュースとかで言われている。

<保護主義に懸念…世界経済に暗い影>
「WTO加盟国の間では、ラウンドそのものが崩壊し
保護主義的な動きが強まることを懸念する声も漏れ始めており、
世界の自由貿易体制は大きな危機にさらされることになった。」
(H20.7/30 毎日新聞)

なんか、世界丸ごと経済主義!って感じですね。
経済が潤えば、すべて善しというのは、真理だろうか?
保護主義って悪い事なのだろうか?

経済を優先することは、本当に人間の為になるのだろうか?
今現在、生活している人間の為にはなるのかもしれない。

しかし、地球に住む人間は、今生きている人だけではない。
未来に来る人類、あるいは今の子供達の将来、
地球環境は、人間が社会生活できる状態に保てるのだろうか?


例えば、日本に限定して考えてみると、
貿易の自由化で、日本の一次産業が受ける
痛みは大きい。
「自由経済だから、しかたない」で済ませていいものだろうか?
保護政策は、経済優先主義からは、いけないものに見えるのだろう。

もし、農業とかが保護されなければ、
当然、日本の自給自足率は下がり、
日本人は、他所の国によって食べさせられている事態になる。

この先、地球環境の異変により、他国が打撃を受けたり、
食料危機が訪れたときに、他所の国がわざわざ日本を
食べさせるために食料を輸出してくれるだろうか?

「金さえ出せば何とかなる」というのは、
平和な時の妄想に過ぎない。

未来を想像してみても、恐ろしくなる。
一次産業だけでも守らなければいけないと思う。
二次産業も三次産業も、一次産業によって
衣食が保たれて初めて、発展もありうる。

農家を守ることは、単に食の安全を守ることだけじゃない。
将来の危険な事態を、回避するためにも
一次産業を守ることは、是非必要だと思う。

「経済さえ潤えば、なんでも買える」と思っていたら、
この地球からとんだしっぺ返しを食らうと思う。

日本の農業を守っていきましょう!





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
チベットの映像を見ていると、とても可哀想になってくる。
「中国も北朝鮮となんら変わらないな」と思ってしまう。
でも、そういうことを言ったら
「かつての日本だって同じだろう」って
中国の人に言われてしまうかもしれない。

かつての歴史と今の歴史、
どちらも、時代の流れの延長線上にあるものだし
自分のことは棚に上げてしか、他所は語れない事態に陥る。


だから内政干渉にならないために
国は、当たらず触らずの対応をしてしまう。

他所の国のことは、その国が解決する以外しょうがないと・・・

これって、昨今の幼児虐待のときの対応となぜか重なってしまう。

人の家庭のことは、他人がとやかく言いにくいし、
家庭を法律で取り締まるというのも、難しかった。

しかし、そうしているうちに、何人もの犠牲者が出た。
ほっておけば事態が悪化することが分かった。
法律が家庭内にも秩序を保つ役割をしなければいけない社会に
現代は成り下がってしまった。

さて、国際問題ではどうするのだろう。
中国としての言い分は、国を運営する意味では理解できる。
しかし、心情的にはチベット人の言っている事の方がより理解できる。
「義理と人情」の戦いが政治の世界でもあるということか。

国際問題は地球が滅びようとしている時代であっても
解決が難しい・・・。
少なくとも、インターネットで世界の情報がつながっている現代
無関心ではいけないと思う。

日本の果たす役割は、日本がいつまでも民主主義を貫く
平和国家であり続けることかもしれない。
過去の歴史の過ちは、ちゃんと反省し、
その反省の上に作られた民主主義国家として
世界にうらやましがられる国でいること。

それが、できてこそ、
世界が日本の意見を聞くことができるのかもしれない。

とりとめもない話になった・・・




下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。