上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で、もっとも信頼できる知識人。
私は、そう思っている。
彼の発言には、重みがあり、愛があり、
納得できるすべての要素を含んでいた。

素晴らしいニュースキャスターだった。

特に、沖縄は、彼に恩恵がある。
彼が沖縄で生活したことは、
沖縄にとって本当にラッキーであった。

私が、沖縄知事なら、
彼に、県民感謝状を贈りたいところ。
でも、一県民として感謝を述べたい。
「ありがとうございました。お疲れさまでした。」

日本の、ジャーナリズムにとっても、
大きな損失であったと思う。
もっと活躍して欲しかった。

しかし、彼の果たした役割は大きく、
影響力も計り知れない。
国民自ら考え抜くということ、
学び追求することの大切さを知った。

彼の最後の「多事争論」で
自らの身体に例えて、
この国「日本は癌に侵されている」と説いた。

是非、その癌が、早期発見であって欲しい。
そして、適切な早期治療を、国民みんなで
果たさなければならない。

国民の一人ひとりが、日本という国の
1個の細胞なのだから。

筑紫さん、天国からどうぞ
この国を見守っていてください。
スポンサーサイト
大分には、いい反面教師がいっぱいいましたね。

どんなに、偉くなろうと、犯罪を犯せば、
一瞬にして、社会的制裁が加えられることを
身をもって教えてくれました。

不正で得た利益の、何倍もの社会的不利益が
ふりかかることを、考えたことはなかったのだろうか?

逮捕された校長とかは、
地域でどんな目で見られるのだろう?
どんな思いで今後生きていくのだろう?
自分の子供の人生も踏みにじり、
培ってきた信用も信頼も無くし、
教え子達にも顔向けできない。

考えただけでも、
もう、恥ずかしくて
その地域に住めないんじゃないかと、
他人ながら、心配したりする。

教育界も、財界も政界も、
自分に対する誇りというものが
全く、感じられない。

むしろ、見栄や、形ばかりのプライドが見え隠れする。

本当に、地道に努力している人々が
報われる社会になってほしい。

ただ、そういう人は、
誇りが傷つかないというだけでも
報われているといえば、報われてもいる・・・

自分に誇りがあるということほど、
価値のあるものはないと思う。 

あらゆる業界人が、その誇りを持って欲しい。
その誇りが、人々を幸せにし、
何より、自分自身が幸せになる近道でもある。





下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
以前の記事「死刑廃止について」でも述べたが、
殺人に対する基本判決は、「死刑」であるべきだと思う。

だって、被害者は有無も言わさず、加害者によって「死刑」に
されたようなものだから・・・。

個人個人が、自分の責任を自分でとるという
態度を身につけられたらいいと思う。
それが「大人」というものだ。

命は、命で償う。
そうして、奪った命の重さを知る。
これが基本だと思う。


基本が死刑で、その後、情状酌量の余地を見出すかどうかを
争ってほしいものだ。

しかし、多数の弁護団の弁護答弁よりも、
たった、独りの被害者の心の声には、勝てないね。
心に訴えかける重みが断然違う。

いったい、この多くの弁護団の中に、
被害者の心の傷について考える人が、
独りでもいたのだろうか?
と思えるほど、弁護団の答弁が
詭弁に聞こえたのはどうして?

たった一人の力だったのに、
日本の司法をさえ変化させた
本村氏に、心からの
感謝と、ねぎらいの言葉をかけてあげたい。

「あなたの、言葉には、1から10まで、
心に響く真実がありました。日本の国を
良くしてくれて、ありがとう」




下記関連ブログもご覧下さい。(ランキング順になってます)
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。